八戸市・十和田市・三沢市等の青森県内から北東北エリア対応子供のネット・ゲーム・スマホ依存症相談

公認心理士のカウンセリング こころの相談室こじか

受付 10:00~16:00

090-4554-9598

日・月・祝日除く

カウンセリングによって子どもたちのネット・ゲーム・スマホ依存症の改善・回復・緩和をめざします。

  • ネット依存症
  • ゲーム依存症
  • スマホ依存症
  • 発達障害相談
  • 子育て相談
  • 家族問題

2018年、WHO(世界保健機構)は、ICD-11(国際疾病分類第11版)に「ゲーム障害」(gaming disorder)を追加し、2019年5月の総会に正式承認されました。
これにより、「ネット・ゲーム・スマホ依存」は薬物依存症やアルコール依存症、ギャンブル依存症と同様に「治療の必要な病気」として、扱われることになりました。

現在、コロナ禍における子供たちのネット・ゲーム・スマホ依存は、
不登校や学力不振、家庭内暴力、発達障害などが隠れているケースも多く、大変深刻です。
子供たちのネット・ゲーム・スマホ依存について、教育現場で実績のある公認心理士(元小学校教員)が、回復のお手伝いをいたします。

「こころの相談室 こじか」は民間事業者だからこそ、最新の知見を取り入れながら、一人一人のニーズに応じた柔軟な支援が可能です。

ネットやゲーム、スマホのことでお困りの方、発達障害、子育て、家族問題でお悩みの方、
ぜひ「こころの相談室 こじか」にご相談下さい。

カウンセリングは、移送式カウンセリングルーム(キャンピングカー)で、ご自宅もしくはご自宅近くの場所まで出かけて、直接お会いして行います。

カウンセリング場所

相談者のご自宅
カウンセリングカー(キャンピングカー)

対応エリア

八戸市・十和田市・三沢市等の青森県を中心に、秋田、岩手の北東北3県

※その他エリアは要相談。
交通費は別途。

ご依頼の流れ

お電話 or メールお申込み

ご相談のご予約・日程調整

ガイダンス(※交通費が生じます)

カウンセリング同意書の確認・契約

カウンセリング開始

  • 初回受付相談(電話のみ)に限り、30分間無料とします。2回目以降の相談は有料です。
  • カウンセリングを開始する前に、ガイダンス(対面)で、お話をお伺いし、
    宜しければ、今後のカウンセリングの流れ・同意書、各コース、料金などについてご説明いたします。
    ただし、症状によっては、病院などの医療機関への通院や各自治体への相談をお願いすることもございます。
  • ガイダンス当日に、説明後、
    すぐカウンセリングを行う場合には、
    カウンセリング料と交通費が生じ、カウンセリングがない場合は、交通費が生じます。